おうちを⼀番居⼼地よく、
快適に暮らせる空間へ
Live in comfort
information and blog

ブログ

2018.04.28
動かない不要なモノでも、私にとっては宝物

昨日は娘の9歳の誕生日

10年前、自宅事務所が着工中に娘を妊娠していることを知りました。

そう、将来子供部屋になる?個室を一つしか作っていないプランで着工した矢先のこと

背中には2歳の息子、おなかの中には娘、その状態で毎日現場をみていたのが9年前。

月日はあっという間に過ぎますね。

 

スクスク元気に育ってくれている娘に感謝です。

お誕生日おめでとう。

 

動かない不要なモノでも、私にとっては宝物

 

 

初めての腕時計、覚えていますか?

左が今年娘の誕生日プレゼント。

本人が選んだBaby -G。

娘にとって初めての腕時計です。

 

そして右がが私が小学1年生の時に買ってもらった時計

私にとっての初めての腕時計です。

 

 

 思い出の品にはストーリーがある

 

 

息子の時計(G-shock mini)をうらやましそうに見ていた娘が、

『私も誕生日に時計が欲しい!』

デザインもとてもよく似ているモノを探して指定。

兄が持っているモノ、ずっとうらやましかったんだね。

 

そうそう、お母さんもお姉ちゃんの腕時計がうらやましくて、

お姉ちゃんは小学2年生で初めて腕時計を買ってもらったんだけど、

小2まで我慢できなくて、小1で誕生日に『買って!買って!』と頼んで買ってもらったのが、

Dr.スランプ アラレちゃんの腕時計

 

当時キャラクターの腕時計は、両親にとっても高価で、

『あなたが欲しい腕時計、お姉ちゃんのより値段が高いね・・・。これじゃダメかな?』

姉が持っている時計と同じ値段の物をすすめられましたが、

私はアラレちゃんの腕時計が欲しかった^^;

 

そう、そのころから『あきらめない・・・。しつこい・・・。』子でした。

 

でも本当に欲しい!!と思ったものだから、

小学中学でずっと大事に使ってました。

あれから、35年

時は刻んでいないけれど、私には宝物。

 

子どものころから持っているモノで唯一これだけはずっと大切にしているモノなんです。

 

 

 自分の価値観

 

私は、とりあえずでできるだけモノを迎えたくないのです。

一番欲しいものを時間がかかっても待って手に入れたいタイプです。

 

とりあえずで2番目3番目のモノを買ったり、とりあえずで買ってしまうと、

すぐに飽きてしまって、結局1番欲しかったものを手にいれたくなる。

 

で最初に買ったもの、手放す罪悪感もでてきてしまう。

 

今買うのが無理なら、とりあえず買いはしない

 

そして、ずっと欲しいと思っていたモノが手に入った時、

そこにストーリができて、それを見るたびに、小1の腕時計のように色んな事を思い出すのが好きなんです。

 

娘にとって初めての腕時計。

そこにストーリーはうまれるかな?

どちらにせよ、大切にしてね。

※ちなみに腕時計をプレゼントしてくれたのは義両親。

 いつも誕生日に何が欲しいか娘に聞いてくれるので、一番欲しいものを伝えるようにしています。

 一度にたくさん色々プレゼントしないのは、私とオットの価値観かな。

 親からは、近いうちに買わないといけないものを^^;

 

 

 お知らせ

 

自分には必要なくても、他の人には必要かもしれない!

そんなモノを通じて人とつながる、人を通じてモノとつながるイベント

第1回 クリーニングデイ 多治見  開催決定!!

↑いいね!とーってもうれしいです!

一緒に『アップサイクル』始めましょう♪

 

5月22日(火) 10:00~12:00 場所:iieLABO(自宅事務所)

『子育てママ達の 本の交換会とお片付け茶話会』

 

5月24日(木) 10:00~12:00 場所:iieLABO(自宅事務所)

『おうちでお仕事している女性達の 本の交換会とお片付け茶話会』

 

5月26日(土) 10:00~12:00 場所:Fruits cafe LUPOS (多治見市明和町)

『クロワッサンをいただきながら本の交換会』

 

 

お申込はクリーニングデイ 多治見 からメッセージをおくってくださいね。

 

 

 

一緒に本棚の整理から初めてみませんか?

友だち追加

  • 動かない不要なモノでも、私にとっては宝物